Airbnbを3回使って感じた不満と期待。Airbnbに対する考えをまとめてみた


「暮らすように旅しよう」のキャッチコピーでお馴染みのAirbnb。自分の部屋を旅人に貸すことができるサービスです。

プロモーション動画もおしゃれな感じに仕上がっています。東京では、観光客増加に伴って深刻なホテル不足がおきていて、ホテルの値段もどんどん上がっているそうです。2020年には東京オリンピックが控えるなかで、Airbnbは宿泊の新しい手段として、その必要性が叫ばれています。

どんどん広がるAirbnbの波

Airbnbがどのくらい浸透しているかというと、2015年現在、190の国と地域で、約4500万人のユーザーが使っているそうです。特に、日本はホストがどんどん増えていて、登録された物件は1万3000件を超えるそう。本当にすごい勢いを感じますね。

ホストにとっては、自宅や休眠状態だった持ち家を利用して副収入が得られるので、かなりいいビジネスになりそうです。最近では、Airbnbを使った副業の仕方を教えるセミナーや、清掃や予約管理を代行する運営支援サービスもどんどん増えています。

Airbnbの素敵なマーケティング

Airbnbはマーケティングの面でもとても戦略的で、思わず使いたくなるような取り組みをよく実施しています。

TSUTAYAを運営するCCCとコラボした「湘南T-SITEに泊まろう! コンテスト」や、東京タワーの展望台に宿泊できるキャンペーンなどは、どれもユニークで画期的な取り組みです。

airbnb-t

また、誕生日クーポンなども抜け目なく実施していて、10,000円分のクーポンを手に入れることができます。クーポンは期間限定なので、10,000円を無駄にするよりは一度使ってみようという心理になります。

行政も観光需要に対応するために、Airbnbのような民宿を正式に認める条例(もちろん条件があります)の制定に向けて動きを加速させています。羽田空港がある大田区が積極的に取り組んでいるようです。

Airbnbの闇

Airbnbは、観光業的にはかなりグレーなサービスでこれまでもいろいろと議論されてきました。

主に議論されるのは、旅館業法で旅館業を営むのに充分な設備や自治体への届け出があるかといった点です。ホストになって物件をリスティングする(登録する)際に、緊急連絡先は避難経路図を示した「防災カード」をつくる機能がありますが、登録に必須ではありません。

screencapture-www-airbnb-jp-rooms-9420335-safety-card-1447327421259

Airbnbの場合、Airbnb自体が宿泊を提供しているのではなく、あくまでもホストとユーザーを仲介しています。なので、もし何か事件や事故が起こってもホストとユーザー間のトラブルになる可能性が高いです。ホスト側もユーザー側もトラブルにならないように充分注意する必要があります。

私がAirbnbに思うこと

私の周りでは、Airbnbに対してポジティブな人・ネガティブな人が両極端な意見を持っています。批判的な記事では、Airbnbの専用物件のことを”Airbnbに感染されたマンション”と呼んでいて、暗にネガティブな印象を与えています。あまりにも両極端なので、私はニュートラルな考えを持とうと思っていたのですが、3回利用してAirbnbに対する考えが変わりました。

空き部屋も投資するお金もない私は、ホストとしてAirbnbを使うことはないので、あくまでもユーザーとしての立場の意見をいうと、Airbnbは人に勧められるサービスではないと思います。まだ魅力のあるサービスとは言えないと思うんです。

東京での体験

東京で宿泊した1泊約7,000円の物件は、マンションの駐車場に隠されていた鍵を泥棒のようにコソコソ探し当てて宿泊しました。また、想像していたより狭い部屋でこの部屋に泊まるならゲストハウスの方がいいと思いました。ホストの私物が全くなかったので、おそらくAirbnb専用の部屋だったのだと思います。

福岡での体験

福岡で宿泊する予定だった物件は、シェアルームで4,000円ほど。ホストはとても親切な人で、宿泊の前のメッセージのやり取りで、福岡のイベントやおすすめの居酒屋さんを教えてくれました。期待して宿泊当日を迎えると、突然連絡がきて「熱発した彼氏が家にいる。体調が戻れば帰ってもらうが、戻らなければ一緒に宿泊してもらうことになるがいいか?」と。私は、翌日海外への渡航を控えていたので、一緒に泊まるわけにもいかず、必死で別の宿を探してこの日はユースホテスに宿泊しました。

また、返金してほしいと伝えたところ「ホスト側の事情でAirbnbの予約をキャンセルする方法がわからない」と言われ、私の銀行口座番号を教えて振り込みで返してもらいました。Airbnb上では泊まったことになっているので、後日届くレビュー依頼のメールを見ると嫌な思い出がフラッシュバックしました。

タイでの体験

タイの物件は、物件の場所がわからず苦労しました。Airbnb上に表示される地図を開いてもピンがおかしなところに立っているし、住所を検索してもわからない。添付されていた地図のイラストを頼りに、タクシーでなんとか辿りつけました。その後もWifiが1端末分しかなかったり、トイレのトラブルに見舞われたりと散々。海外だったこともあるかもしれませんが、悪い思い出の一つになりました。この物件もAirbnb専用物件のようで、使い捨て歯ブラシやバスタオルがキレイに置かれていました。

Airbnbのサイトもプロモーション動画も、素敵な宿泊体験ができることを強調していますが、東京、福岡、タイでAirbnbを利用した私の実体験としては「もうAirbnbは使いたくない」それが正直な気持ちです。

ユーザー体験を向上してほしい

airbnb-a8707ed9_original

東京でも沖縄でも観光客が急増しています。急増する客に対して、ホテルの客室を増やすのには時間がかかります。Airbnbの物件が増えれば、それだけ多くの観光客が宿泊することができます。

そういった現状を見るとAirbnbの必要性は強く感じますが、ユーザー体験の改善が必要だと思います。ユーザー体験を高めるために、いまAirbnbができることは、ホストへの教育を徹底することではないでしょうか?

ユーザーの受け入れ方法、必要な設備、問い合わせ対応、行政への届け出、税務署への届け出などなど、ホストが知っておくべきことはたくさんあると思います。現状のサイトではあまりにも簡単にホストになれるので、ユーザーに不快感を与える物件が増えているのだと思います。

Airbnbは、これからの観光業界のみならず人の生活の仕方を変革させるサービスになると思います。「暮らすように旅をしよう」のコンセプトは強く共感します。だからこそ、ユーザーにいい体験を提供できるように、ベストを尽くしてほしいと期待してます。

みなさんは、Airbnbの事どう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です