ノマドワーカー必見!チェンマイでsimカードを購入するなら、AISがおすすめ。


海外への渡航で、意外と困ったのがWifi環境。

空港やカフェにはほとんどフリーWifiが入っていますが一度道に出てしまうと、当たり前ですが全く繋がりません。バンコクでトランジットで1泊した時は、タクシーの運転手に行き先を伝えるのに結構困ってしまいました。

チェンマイに到着して早速simを購入。

私達が滞在しているゲストハウスの近くに、カードスワンケーオ(kad suan kaew)という大型のデパートがあり、その1階にある「T.K plus」というショップで購入しました。

IMG_0935

プラスチックケースの中に、ずらっとsimカードが並べられていて、適当に一枚をチョイス。「AIS」という通信会社のFacebook simを購入しました。※Facebookとどういう関係なのかは未だに謎です。

IMG_0937

AIS Wifiが使える最小限のプラン、430Bのプランを選びました。その代金にsimカード代(69B)をプラスして、合計499B(約1,646.7円)です。

IMG_0942

私の携帯は、iPhone5Sのsimフリー端末(通信の契約は、IIJmioでした)。店頭のスタッフさんにiPhoneを手渡すと手際よくいろいろ設定をしてくれました。もともと入っていたsimカードは、台紙にこんな感じで貼ってくれます。

IMG_0940

simカードはプリペイド式で1ヶ月間有効です。タイ国外に出るときは適当に捨てちゃっていいそうです。

IMG_0712

通話はしないので、電話なしのプランにしました。お店をでてすぐに3G回線が使えました。GoolgeMapが外で使えるのって、超絶助かります。ソンテウに乗る時も行き先を告げるのがかなり楽になりました。

AISのsimは使い勝手よし!

AISの回線は成り行きで選んだのですが、カフェにフリーWifiとして入ってるケースが多くかなり助かりました。店頭でいろいろ設定をやってもらった時に、こんな感じでパスワードがSMSに送られてきます。

12168164_897813423638630_1247248451_n

「@AISwifi」というネットワークがあるカフェで、上記のIDをいれれば快適にネットを楽しめます。カフェ自体が提供してる回線が遅い場合もあって、AISwifiに助けられました。

 

…ということで、simをチェンマイで購入するなら「AIS」がおすすめです。