チェンマイに行く前に知っておきたかった!タイの住所の読み方・お金(紙幣/通貨)・簡単なタイ語


チェンマイに来て、4日が経ちました。

来る前は「タイの小京都」というイメージを持っていたチェンマイですが、実際は交通量が多く道を歩いていると、排気ガスがきついです。気になる人はマスクを持っていったほうがいいかもしれません。

チェンマイに到着してから3泊は日本人が経営するゲストハウスに宿泊していましたが、もっと旧市街側に行ってみたいというのと、節約したいという理由で、違うゲストハウスに移動することになりました。そのゲストハウスについては後ほどレビューしたいと思います。

チェンマイ風景
チェンマイの北西部

さて、今回ご紹介したいのが、チェンマイに来てから意外と困ったこと。来る前に調べておけばよかったのですが、そんなに気にしておらず全く調べていませんでした。これからタイやチェンマイを訪れるという方は、事前にチェックしておくと旅がスムーズに進みます。

知っておきたい!タイの住所の仕組み

ソンテウやタクシーに乗る際、どうやって行き先を伝えますか?一番良い方法は地図を広げて目的地を指差すこと。スマホでマップアプリを見せてもいいかもしれません。
ただ、地図だと情報がアップデートされていなかったり、スマホだとsimカード購入前だと繋がらないので頼りになりません。(マップアプリのMAPS.MEは、オフラインでも使えるのでかなりおすすめです。※マップデータは、事前にダウンロードが必要です。)

…ということを考えると、地図を見せながら、目的地の住所を運転手さんに伝えるというのが安全策かなと思います。

チェンマイの道

タイの住所はこんな感じで英語表記されています。

14/2 Rachadumnuen Soi 5 Tumbon Sripoom, Chiang Mai 50200, Thailand

日本では、大⇒小と住所を記載していきますが、タイは欧米と同じく、小⇒大で住所を記載します。

タイは大通りのことを「Road」、大通りから枝分かれした通りのことを「Soi」を言います。Soi5は大通りから何番目の通りかを示すそうです。14/2は日本でいう番地みたいなもの。

これだけ覚えておけば、なんとなく地図上のどのへんかわかるはずです。

知っておきたい、タイの通貨

タイの通貨は、バーツ(บาท、B)。日本円で約3.3円ほどです。(2015年10月現在)

流通している紙幣・通貨は、いろいろあるので慣れるまで注意が必要です。

A173F206-DE16-48C1-94DC-8346EE2F1013
(画像は、http://www.bkkzoom.com/kihon/kihon03.php からお借りしました)

乗り合いタクシー「ソンテウ」の相場が20Bなので、20B紙幣に崩して持っておくといいでしょう。ソンテウやトゥクトゥク、屋外の小さな屋台は、おつりがない場合がほとんどです。

ソンテウ
乗り合いタクシーのソンテウ

ちなみに紙幣のデザインになっているのは、ラーマ9世(プミポン国王)。町中でもよく肖像画や彫刻を見かけます。

両替所や海外ATM(ほとんど24時間OK)は、町中でも結構見かけるので困ることはないと思います。チェンマイ国際空港内にもあるので、1万円くらい両替しておくと3日〜5日程度の生活費として、充分だと思います。

覚えておきたい!タイ語の挨拶

町中では、簡単な英語でほとんど通じますがタイ語でオーダーできると素敵ですよね。男性と女性で言い方が少し違うので注意しましょう。

こんにちは。(Hello)

サワディー クラッ(プ) / カー

ありがとう。(Thank you)

コップ(pu)クン クラッ(プ) / カー

すみません。(Excuse me)

コートー(トゥッ) クラッ(プ) / カー

アイスコーヒーをください。

コーォ カフェーイェン クラッ(プ) / カー
(コーォ=ください、カフェーイェン= 冷たいコーヒー)

タイ語の勉強にはこのサイトがおすすめです。
ThaiSmile.jp

タイに行く前に知っておきたい、基本情報をご紹介しました。現地に行くと意外となんとかなりますが、知っておくと安心です。特に一人旅の時は頼れる人いないので、予めチェックしておきましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ