エレファントキャンプ&首長族に会いに行く、チェンマイ観光ツアー


チェンマイに来てから2ヶ月。イーペン祭りに行ったくらいで、観光という観光をほとんどしてきませんでした。これじゃイカン!ということで、最後にチェンマイらしい観光をしてきました。

コンドミニアムの近くにランベルツアーという旅行社のカウンターがあったので、パッケージツアーをここで探しました。ランベルツアー日本人のスタッフさんも常駐しているので、いろいろ質問できたのがよかったです。

私が選んだツアーは「エレファントキャンプと首長族に会いに行く1日ツアー(1,400バーツ/約4,900円)」。タイに来たからには象に乗っておきたいのと、チェンマイの山岳民族に会ってみたいということで決めました。

そのほかにも、トレッキングツアーや寺院巡りなどのパッケージツアーがありました。

エレファントキャンプへ

ツアー当日は、朝8時30分にコンドミニアムへお迎えがきてくれます。この日のツアーガイドはヌイさんというタイ人で、英語でガイドしてくれました。

チェンマイの旧市街から車40分「Mae Sa Elephant Camp」に到着です。

IMG_1770

エレファントキャンプに到着するなり、すぐに象乗りへ案内されます。案内されるままに象に乗りました。

IMG_1783

象の上に座席が置かれていて、安全柵もついているのですが、下り坂や坂道では体が落ちそうなほど傾いてハラハラドキドキ。象さんも他の象より確実に歩くスピードが遅くって、デブでごめんと何度も誤りました。

象乗りが終わったと思ったら、また間髪いれずに水牛車に乗ります。これまた結構揺れて、乗り心地は快適ではありません。揺れやスリルを楽しむものだと思います。

IMG_1813

10分ほどの休憩を終えて、エレファントキャンプの名物「エレファントショー」が始まりました。この髪の毛が生えている象さんがかなりの芸達者さんで一番の人気者でした。

IMG_1836

どうやって教えこんだのか本当に不思議ですが、お絵かきもできます。思った以上に画才がありました。

IMG_1843

エレファントキャンプの中にあるレストランでランチビュッフェをいただいたあとは、ここでの最後のアトラクション、バンブーボードで川下りです。

IMG_1854

担当してくれた船頭さんは、いかにもタイ人という感じのユルユルなオジサンで、普通に電話しながら船を漕いでくれました。川は浅く、流れもゆるやかなので、そんなに操縦しなくても上手く川を下ることができます。

IMG_1867

このエレファントキャンプだけで、象乗り・水牛車乗り・エレファントショー・ランチビュッフェ・川下りと内容てんこ盛り。この時点でかなり満足。もう帰ってもいいくらいです。

首長族に会いに行く

エレファントキャンプからまた20分ほど車を走らせて到着したのが、山岳民族の村。いわゆる首長族(カヤン族)の他にもカレン族やヤオ族の方がいるそうです。ただこの村は、観光地化されていて入場料が必要だったり、中に入ってもお土産屋さんが並んでいるくらいで、実際の生活の様子はあまり見れません。

IMG_1880

ゲートから入るとすぐに葺屋根の高床式住居がありました。洗濯物が干されているので、実際にだれかが生活しているようです。周辺には、プラスチック系のよくある生活ゴミも捨てられていて、都会文化と伝統文化が入り混じっているようにも見えました。

IMG_1885

村の中はほぼお土産屋さん。実際の山岳民族の方が商品を売っています。裁縫が上手な民族なだけあって、縫い物はとっても色鮮やかでキレイなものばかりでした。

IMG_1891

首長族の女の子と記念撮影。

もともと首長族は、トラに首をかまれない為だったり美しく見せるために首に輪をつけているそうですが、首が長くなるわけではなく肩がどんどん下がっていって内蔵を圧迫してしまっているそうです。最近では医療や教育を受ける機会も増えてきて、伝統的な生活を辞めて都会的な生活をする人も多いのだとか。5年後にはもう見られないかもしれないと言われているそうです。この子たちの将来がいったいどうなってしまうのか、考えさせられます。

IMG_1893

ラン園を散策

山岳民族の村の次は、ツアー最後のスポット「ラン園」に到着です。追加料金はかかるのですが、この近所に虎とふれあえるタイガーパークもあって、どちらに行くか選択できます。この日のツアーには8人が参加していたのですが、私含め4人は「ラン園」に行くことにしました。

IMG_1900

ラン園自体、規模は小さいもののラン以外にもいろいろな植物を見ることができます。

IMG_1901

IMG_1909

バタフライファームもあって、かわいいチョウチョにも出会えました。

IMG_1915

IMG_1916

朝8時30分に出発したこの日のツアー。16時頃には家路につきました。1日かけていろいろなスポットをめぐったので、家に戻るとクタクタになってしまいました。

チェンマイ観光を1日楽しみたい方にはオススメのツアーです。

ランベルツアー ファイケーオ店(今回利用した旅行代理店)

Adress/ 29/3 CENTERPOINT ROOM 21-22, HUAYKEAW RD., T.SUTHEP, A.MUANG, CHIANGMAI 50200
Webサイト/http://www.ranveltour.com/