Creativity Connect International Forum 2015に参加してきました


2015年10月30日(金)にチェンマイで開催されたイベント「Creativity Connect International Forum 2015」に参加してきました。

IMG_1046

“Creativity Connect”は、年に1回チェンマイで開催されているイベントで、さまざまなセッションやパネルディスカッションを通じて、アイディアや人をつなげクリエイティブで発展的な社会経済を作っていこうというものです。チェンマイをクリエイティブシティーとして、ASEANのハブにしていくことを目指して開催されています。

https://www.eventbrite.com/e/creativity-connect-international-forum-tickets-18798521885https://www.eventbrite.com/e/creativity-connect-international-forum-tickets-18798521885

Creative Chiangmai Web site
http://www.creativechiangmai.com/

IMG_1044

IMG_1047

タイの国内外からスピーカーが集まりセッションをしてくれました。イベントはオールイングリッシュで行われます。

IMG_1069

当日のアジェンダは、Facebookイベントページにて紹介されています。
https://www.facebook.com/events/403748353143368/permalink/431932223658314/

私たちは、全日参加できず
・Design and Innovation
・IT and Digital Economy
・Maker Community
の3つのセッションに参加しました。

午前中は「Chiang Mai Design Awards 2015」の表彰式も行われていたようで、客席の後方には作品が展示されていました。Chiang Mai Design Awardsは、今回で3年目を迎えます。建築や工芸品、小売デザインなど幅広いカテゴリーから作品がノミネートされていました。

IMG_1067

IMG_1054
Chiang Mai Design Awards 2015
http://creativechiangmai.com/cda

Design and Innovation

Design and Innovationのセッションでは、「チェンマイがどのようにしたらクリエイティブになれるか」といったトピックを中心に、ショートプレゼンテーションとパネディスカッションが行われました。いくつか抜粋してご紹介します。

チェンマイ大学のプロジェクト「STeP」

チェンマイ大学の産官学連携プロジェクト「STeP」のディレクター、Kasemsak Uthaichanaさんのセッションでは、STePの取り組みが紹介されていました。

IMG_1071

STep Web site
http://www.step.cmu.ac.th/en_index.php

STepでは、Creative Chiang Mai と共同してプロダクト開発のワークショップなども開催しているそうです。

▽ CDA Product Development Project – 1st Workshop July 2015
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.876599105720531.1073741886.108711162509333&type=3

チェンマイの発展を目的に作られたリソース・センター(図書館のような施設)「TCDC」で、デザインとビジネス開発を担当しているTanatta Koshihadejさんは、「サービスデザインの重要性」についてのお話をしていました。

IMG_1073

チェンマイの産業のうち、53.6%がサービス産業。デジタルの分野でもサービス産業に関わるものが台頭してきているなかで、”サービスデザイン”を如何に設計するがが重要になるというお話でした。

IMG_1075

IMG_1076

このスライドにあるサービスはざっと以下のとおり。サービスEC系が目立ちます。

GRAB TAXI

マレーシア発タクシー配車アプリ。東南アジアを中心に6カ国で展開。日本のソフトバンクが 2億5000万ドルを出資したことでも知られています。
>> https://www.grabtaxi.com/

coursera

スタンフォード大学発のオンライン授業。
>> https://www.coursera.org/

TaskRabbit

アメリカ発のCtoC便利屋サービス。便利屋の先駆け。
>> https://www.taskrabbit.com/

stamp

タイ発、スタンプ型のインタラクティブデバイス
>> http://www.getmystamp.com/

handmade Chiang Mai

ブルガリア出身のNadezhda Zdravkovaさんがチェンマイで実施しているプロジェクトが「handmade Chiang Mai」。チェンマイの優れたクラフトを魅力的に発信するWebサイトを作っていて、世界中のバイヤー向けに発信しています。

IMG_1078

キレイな写真でクラフトを伝えることはもちろん、その作品が生まれたバックグラウンドについても、丁寧に解説しているそうです。

IMG_1077

handmade chiangmai Website
http://www.handmade-chiangmai.com/

また、新しいプロジェクトとして「Craft Connect」もスタートするそうです。このプロジェクトでは、ドイツ、チェンマイ、セブ島からデザイナーや家具メーカーを招待し、いっしょに様々な取り組みを行い、世界に通じるプロダクトデザインを学ぶそうです。

IMG_1082

Craft Connect! Projectの Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/1280802608614496/?fref=ts

IT and Digital Economy

続いてのセッションのテーマは「 IT and Digital Economy」。IT系の団体やスタートアップの方が登壇していました。

NDEA

Wanawit Ahkuputraさんは、NDEA(Northern Digital Enterprise Association)の副補佐。NDEAでは、Demodayなどを開催しているそうです。「Chiang Mai Startup Demo Day: Startup in DIGITAL CITY」がこのイベントの翌日に開催されていたのですが、残念ながら私達は参加できませんでした。

IMG_1083

IMG_1100

NDEA(Northern Digital Enterprise Association)
https://www.facebook.com/Northern-Digital-Enterprise-Association-NDEA-1528759890717888/

Chiang Mai Startup Demo Day: Startup in DIGITAL CITY(2015年10月31日開催)
https://www.facebook.com/events/442977805909320/

exzy

バンコク発のスタートアップ「exzy」は、企業向けのインタラクティブなディスプレイを作っています。タイの大手キャリアAISのプロモーション等に使われているそうです。チェンマイのデパートに入っているキャリアのショップも、インタラクティブなディスプレイをよく見かけたので、もしかしたら、exzyが提供していたのかもしれません。

代表のJomzup Sittipittayaさんが、会社の立ち上げから今に至るまでお話してくれました。

IMG_1084

exzy
http://www.exzy.me/

Aware Corporation

Chotiwit Worasuwannarakさんは、タイのIT会社「 Aware Corporation」 のエンジニアで、いま開発中のアプリについて紹介していました。タイでは、モノの無駄が年々増えていて、2014年には2,500トンもの無駄があったそう。この問題を解決するためのアプリ「Raccon Challenge」は、「ストローを使わなかった」といった社会貢献を記録・シェアできるサービス。

IMG_1087

IMG_1088

IMG_1089

日本のゴミ拾いアプリ「PIRIKA」を彷彿とさせるアプリです。Raccon Challengeは、来月リリース予定とのことです。リリースが楽しみですね。

Aware Corporation Ltd.
http://www.aware.co.th/

Maker Community

IoTに期待が高まる昨今。東南アジアのメイカー事情についてもセッションがありました。

IMG_1102

Asian Makers Community

William Hoiさんは、Asian Makers Community Singaporeの代表。シンガポールでは、ハード系も盛り上げってきているそうです。

IMG_1103IMG_1104

Chiang Mai Maker Club

チェンマイにも「Chiang Mai Maker Club」というメイカーコミュニティがあるそうです。Jimmy Tejasen教授は、 IOT Thailandの部長も勤めています。「Play、Learn、Share」をモットーにコミュニティ活動を行っているそうです。

IMG_1107

Chiang Mai Maker Club
https://cmmakerclub.com/

Chiang Mai Maker Club

チェンマイのメイカーたちが集うオープンスペース「Makerspace Thailand」。ファウンダーのNati Sangさんが紹介していました。

IMG_1111

IMG_1109

IMG_1112

チェンマイにある代表的なコワーキングスペースPunspaceと共同した取り組みも行っているそうです。Makerspace Thailandは、チェンマイ滞在中に1度は訪ねてみたいと思います。

Makerspace Thailand

Adrress/7 Rachadamnoen Road Soi 4, Muang, Chang Wat Chiang Mai 50200
https://www.facebook.com/makerspaceth

まとめ

以上、3つのセッションからピックアップしてお伝えしました。イベントの参加者をみると、2/3以上は外国人だったような気がします。セッションも全て英語でした。日本はスタートアップ系やWeb系のイベントも多いですが、オールイングリッシュのイベントは決して多くはありません。英語をスタンダードにしている時点で、チェンマイは有利だなと思います。

ただ、チェンマイのスタートアップはまだまだこれから、、という感じで、しばらくはバンコクを中心に発展しそうです。タイの経済は停滞気味なので、東南アジアを市場としたサービスがどんどん出てくると期待しています。これからはサービスEC系と交通系サービスが来るかなと個人的に思います。

このイベントにきて、知らなかったチェンマイのコミュニティー活動を知ることができました。2016年には、TEDxCHIANGMAIも開催されるそうで、チェンマイも盛り上がってくるようです。これからが楽しみです。

TEDxCHIANGMAI
http://www.tedxchiangmai.com/