独立1周年!フリーランスのメリット・デメリットを考えてみた


私事ですが、フリーランスとして独立して1年が経ちました。ホントあっという間に月日は過ぎていきます。

新卒入社2年目でフリーランスに

申し遅れましたが、私は沖縄県出身、25歳のWebディレクターです。沖縄県内の大学(夜間課程)を卒業し、地元のIT企業に新卒で就職しました。デザインができるわけでも、プログラミングができるわけでもなく、仕事は主に広報やディレクション・営業系をしていました。入社して1年9ヶ月で会社を辞めフリーランスとして独立しました。独立後は沖縄から東京に移り住み、とある観光系サイトのディレクターとして働かせてもらっています。ありがたいことに、海外を旅して回っている間も、このお仕事を続けさせてもらっています。

 

フリーランスになった理由

理由はいろいろあるのですが、「海外に出るための資金を貯める」ということが独立当時の目標だったため、会社に所属するよりフリーの方がマッチしていたんです。普通に就職しても、短期間で辞められては企業にとっては迷惑な話ですし。

2

私は社会人経験で見れば2年未満で、しかもデザイナやエンジニアのようにプロジェクトを直接作れるわけではありません。身長も低いしおしゃれにも興味がなく、服もないし化粧品も持ってません(関係ないけど)。こんな私が大都会・東京でフリーランスとして働けるかどうか、かなり不安だったのですが、運良く観光メディアのディレクションをさせてもらえることになりました。

その後、半年ほど東京に住みながら、お仕事いただいてる企業さんのオフィスでほぼ常駐という形で働かせてもらいました。

フリーランスのメリット

フリーランスになって感じたメリットを考えてみました。

4

自由度が高い

フリーランスになって一番感じることは自由度の高さです。会社に所属しているとどうしても本業とは直接的には関係ないことにも時間を割かないといけません。

社員研修や目標設定に上司との評価面談、全社員会議。電話対応や清掃、各種社内イベントの幹事といった新人業務まで。こういった活動は組織としては必要だと思うのですが、個人的には「時間がもったいない。もっと仕事に集中したい」とか思ったこともありました。フリーランスになってからはこういったタスクがないので、仕事にかなり集中できます。

他人を気にしないでいい

ある程度の規模のある会社では、部署やチーム内の軋轢はどうしても発生してしまいます。エンジニアやデザイナーは特にハードワークで中には徹夜する人も出ている状況の中、〇〇チームの人は定時で帰るとか。同僚のプライベートをSNS等で垣間見ると、豪盛な暮らしをしていて自分の給与が寂しいと感じたり。人事評価の難しさでもありますが、同じ会社なのに自分より幸せそう(ラクしているように見える人)にどうしてもジェラスを抱いてしまうんです。フリーランスは基本的にプロジェクトに集中できるので、そういった組織の人間関係の負担もありません。

3

金額で評価してもらえる

会社の場合、昇給は年1回って決まっていたりしますよね。そのために人事評価や面談をすると思うのですが、自分ではがんばったつもりなのに全く昇給していないと感じることもあると思います。もしくはたまたま他の同僚の給料を知ってしまって「あんなにがんばってるんだからもっともらってもいい」とか。そういう評価に対する不満はでてきます。人事考課の難しいところでもありますが。。フリーランスの場合は、仕事が増えれば別で金額がもらえるし、場合によってはベースアップされる場合もあるので、がんばった分だけ金額に反映されます。シンプルだしもっとがんばろうとモチベーションにも繋がります。

フリーランスのデメリット

フリーランスの心配事といえば、「仕事がみつかるか(生活できるか)」と「経理が大変そう」の2つが大きいと思います。私の場合は無事に仕事も見つかりましたし、freeeというオンライン会計システムを使っているので経理も自分である程度こなすことができています。確定申告はまだ未経験なので、これからが一番大変かもしれませんが。。想像していたほど苦労はしていません。

1

また知人のフリーランスのケースでは、初めて取引するクライアントがなかなかお金を支払ってくれなかったり、急な要件変更でも無償で対応しないといけなかったりと、クライアント次第では苦労する場合もあるようです。

まとめ

私は、会社に縛られて生きるよりはフリーランスの方が性格的にマッチしているかなと思います。仕事がバリバリできる(実績がある)人しかフリーランスになれないというイメージもありますが、もっとフリーランスが増えてみんなが無理せず自分のペースで働ける環境ができればいいですね。企業のコンプラとか情報セキュリティの問題もあるので、すぐに増えるわけではにと思いますが、就職・転職を考える前にフリーランスという選択肢も検討してみてはいかがですか?