ベトナムのホーチミンからタイのバンコクへ移動しました


2015年12月25日にベトナムのホーチミンに到着して、はや13日。ベトナム第二の都市ホーチミンだけではなく、農村にもステイできていい思い出になりました。

ホーチミンでのおすすめ記事を以下にまとめてご紹介します。
Airbnbで暮らすように旅できた!ベトナムの農村にホームステイ
ホイアンの名物料理「カオラウ」をホーチミンで味わう
ホーチミンのコワーキングスペース「WORK Saigon」でノマド
ホーチミンでノマドするならココ!カフェ「ファームズカフェテリア」

ベトナムにノービザで滞在できるのは15日間なので、次の国に移動します。

1か国目:タイ(チェンマイ)で約2ヶ月
2か国目:ミャンマー(ヤンゴン)約2週間
3カ国目:ベトナム(ホーチミン)約2週間
と続いた旅も4か国目に突入です。・・と言いたいところですが、次に向かうのは1か国目と同じタイにすることにしました!

というのも、タイを出てからというもの2週間ほどのショートステイが続き、飛行機代や宿代が思った以上にかかってしまったのです。移動にかかかるコストをどうにか節約したいと考えると、東南アジアのハブであるバンコクに滞在したほうが良いだろうと思いました。

バンコクには、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港があって、両空港とも毎日たくさんの飛行機が就航しています。実は、タイを拠点にしたいと思ったときに、とっても過ごしやすかったチェンマイに戻ろうと1度考えてみたのですが、チェンマイ国際空港の就航数はバンコクの両空港を比較すると数が圧倒的に少ないので諦めました。

次に訪問したい国が決まるまでは、バンコクに軸足を置いて過ごすことなります。また、ホテルやゲストハウスにステイするよりも、コンドミニアムやマンスリーアパートメントのほうが、およそ半額程度に抑えられるのもメリットです。

バンコクのコンドミニアム(特に単月からOKな物件)は、ネットではあまり情報を見つけられないので、足で動いて探し出したいと思います。コンドミニアムが見つかるまでは、しばらくバンコクの格安ホテル滞在したいと思います。

ということで、ベトナムのホーチミンからタイのバンコクへ移動します。