ミャンマーで腹痛に見まわれ病院へ。International SOSに駆け込みました。


めったに体調を崩すことのない私。チェンマイ滞在中も、お腹が痛くなったり風邪を引いたりしなかったため、完全に油断していました。

バンコク滞在の最終日辺りから、お腹の調子が悪くなんだか様子がおかしい。どうにか飛行機にのりヤンゴンに到着したものの、依然として腹痛や下痢が続きました。

日本で購入した市販薬を飲んでも治らず5日ほど続くものだから、これはもう病院に行くしか無い。。ということで、ミャンマーの病院にいってきました。

International SOS

向かったのは、ミャンマーのインヤーレイクホテルと同じ敷地にある「International SOS」。

IMG_2290

この病院には日本人のお医者さんもいて、症状を日本語で相談することができました。診察してくれた若い女性のお医者さんは、とっても親切で気さくな方だったので、いろいろと相談することができました。

診断結果は、細菌性の下痢。海外渡航者にはよくある症状とのことです。抗生剤や整腸剤などの薬を出してもらいました。

気になる診察料は、薬代込みで150.95USD(約18,852円)でした。イタい出費です(泣)

一応、クレジットカード(エポスカード)に付帯している海外旅行保険があるので、その保証を使えないか問い合わせしてみたのですが、メールでの問い合わせではなく、電話しろとの返事が来ました。スマホから電話をかけてみてもなぜか繋がりませんでした。。

後日請求のために、診断書や領収書は保管しているので、たぶん大丈夫だとは思うのですが、心配です。次の国に移動次第、再度電話をしてみたいと思います。それにしても、海外保険の問い合わせ窓口なのに、電話のみ・メール不可とは困りものです。。海外にいたら、電話よりメールのほうが問い合わせしやすいのに。。

どうか保証内でおさまりますように。。カムバック!私の18,852円!

International SOS

Address/37 Kabar Aye Pagoda Rd、Yangon、Myanmar [MAP] ※Inya Lake Hotelの裏に病院があります。
電話/667-871,667-879 (救急:667-877)
Web/http://www.internationalsos.co.jp/clinic/myanma.html