日本の農業を世界で展開!東南アジアで農業している日本人


最近の関心ごとはズバリ「農業」。タイで堆肥作りに取り組む大根田さんとの出会いが大きいですが、農の分野で自分ができることを考えています。アジアで農業をしている日本人を調べてみたところ、思った以上にたくさんいらっしゃいました。まだまだいらっしゃるとは思うのですが、私が見つけた日本人をご紹介します。

大賀 昌さん【タイ】

タイでオーガニック野菜を育てているハーモニーライフの大賀昌さん。USDA・IFOAM・EURO・CANADA・Thailandの5つのインターナショナルオーガニック認可を取得しているそうです。5年の年月をかけて土を改良し、有機肥料を使ったオーガニック農法を実戦しています。

Harmonylife

Harmony Life Organic Farm

住所/35 Moo 9 Klangdong Pakchong Nakhonratchasima Thailand
Web/ http://www.harmonylife.co.th/
参考記事/タイで作られるオーガニック野菜

宇佐美篤さん【マレーシア】

マレーシア南部のジョホールバルで農業を営んでいる宇佐美篤さん。ホテルマンから農業に転身したという異色の経歴の持ち主です。3エーカーの農場で有機農業を行っているそうです。農園のサイトがないようなので、こちらのインタビューの記事をご覧ください。最近では、農業コンサルタントの仕事も増えてきているようで、農薬を使わない農業を現地の人に伝えているそうです。

参考記事/宇佐美篤さん@ジョホールバル【1/2】|いただきます夫婦の世界一周
参考記事/有機農業で起業する|マレーシア

小宮克久さん【タイ】

タイのチェンダオで日本米「コシヒカリ」を育てている小宮克久さん。3年かけて無農薬の日本米栽培に成功したそうです。「Japanese RICE Project」というプロジェクトをしていて、タイのチェンダオだけではなくブータンやフィリピンにもプロジェクトを広げているようです。

japaneseRice

Webサイト/ https://www.facebook.com/koshihikarichiangmai
参考記事/【タイ】素人日本人がタイの農家と協力してコシヒカリの無農薬栽培に成功

ベトナム軍団【ベトナム】

ダラットはベトナム中南部の都市で、日本でいう軽井沢のような場所で避暑地として人気のあるエリアです。ダラットは、野菜の一大生産地としても知られています。そんなダラットで、2012年から農業をしているのが「ベトナム軍団」というグループ。農業未経験だったそうですが、現地で学びながら実戦しているそうです。Facebookページを見ていると、ベトナム軍団のみなさんの熱いエネルギーをじわじわ感じます。

Vietnam

Facebookページ/https://www.facebook.com/vietnam.gundan
参考記事/日本式農業で海外進出!? ダラット(ベトナム)で活躍する日本人

後藤生光さん【ラオス】

ラオスに住む後藤生光さんは、現在ラオスでシイタケづくりができないかと準備をしているそうです。下記のサイトに、後藤さんのこれまでの人生がインタビューされているのですが、なんともドラマチック。若いころ青年海外協力隊に参加しラオスと出会い、ラオス人女性と結婚。その後政治情勢のため日本に一次帰国するも、ラオスに戻り国連ボランティア等を経験しました。リタイアした現在は、野菜づくりに取り組んでいるそうです。ラオスとの偶然の出会いから現在に至るまでいろいろな経験をしていて本当にすごいと思いました。

参考記事/後藤生光さん(ビエンチャン):日本の農民魂、ラオス一筋に

阿古 哲史さん【カンボジア】

「カンボジアの農協」を目指して、カンボジアで農業を営んでいる阿古 哲史さん。日本の技術を応用して野菜を育てるだけではなく現地での流通チャネルまで1から作り上げたそうです。また日本野菜を東南アジア諸国に輸出する事業もしていて、ビジネス面でかなり勉強になります。

japan

Web/ https://www.facebook.com/japan.farm.products
参考記事/日本型農業モデルをカンボジアへ“輸出”

まとめ

市場を見ると日本より海外だと思いますが、栽培はもちろん、土地の改良や流通網の確保まで、海外で農業をする際は、日本に比べてやらなければいけないことがたくさんあります。今回ご紹介した方々は、日本の農業技術を先んじて海外で実戦していて、将来のことを考えるにあたり、かなり参考になります。こういった先輩がいて体験談がネットで見つかることも、いまの時代だからこそのメリットだなと思いました。私の場合、どのような農業との関わり方ができるか、じっくり考えていく必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です