カンボジア・プノンペン国際空港ラウンジが最高だった。プライオリティパスOK

Pocket

初カンボジアなプノンペンの旅の終わり。プノンペン国際空港にあるラウンジを利用しました。
チェックインや出国審査を終えた搭乗ゲートの中にあります。プノンペン国際空港はそれほど大きな空港でもないので、登場のギリギリまで滞在することができます。プライオリティパスもばっちり使えます。

Entrance

新しくできたラウンジのようで、設備がとにかく充実していて驚きました。中に入ると入り口付近には、マッサージやジム、シャワーもありました。

Massageroom

中も広々していて、ボックス席も。利用者数に比べ、座席数がかなり多いので、かなり広々しています。

Boxsheet

ソファー席もかなりたくさん用意されていました。
sofasheet

気になるフードエリアはこんな感じです。早朝の便だったのですが、しっかり充実していました。

FoodArea2

Salada

bread

dessert

Juice

温かいメニューも用意されていました。カンボジアらしいメニューはないのですが、東南アジアらしいメニューもちらほら。

Hotfood

特に、マレーシアの麺料理ラクサは、3種類の麺から自分の好きなものを選び、目の前で調理してもらうことができます。

Soup

Laksa

調味料類も充実していて、自分好みの味にアレンジできます。

正直、あまり期待していなかったのですが、豪華すぎて少しびっくりしてしまいました。東南アジアのラウンジ(数か所しか知らないですけど)の中でも、かなりトップレベルのファシリティーだと思います。