マレーシアの旅情報まとめ(ビザ/交通/お金/コワーキングスペース)


タイ、ミャンマー、ベトナム、インドと続いた旅もいよいよ終盤になりました。ヨーロッパやアメリカにも行ってみたかったけれど、お金や時間的な都合で、5ヶ国目のマレーシアを最後に一旦日本へ戻ることになりました。旅って終わるのはあっという間ですね。。・・ということで、マレーシアについて調べてみました。

マレーシアの基本情報

マレーシアは、マレー半島南部とボルネオ島北部を領域国家で、ASEANにも加盟しています。首都はクアラルンプールです。人口は、約29,330,000人で、6割がマレー系、3割が華人系、1割がインド系となっていて多民族・多宗教国家です。

マレーシアのビザ

日本国籍の場合、マレーシアへの入国にビザは不要です。2012年から入出国カードは廃止されているそうですが、入国時に両手人さし指の指紋認証を受けるそうです。

<マレーシアのノービザ滞在>
ビザ:不要
滞在可能期間:90日間
その他条件:パスポートの残存期間が6ヶ月必要・出国時の航空券があること

マレーシアのお金

マレーシアのお金は、マレーシア・リンギット(MRM)とマレーシア・セン(SEN)。1リンギット=約29.2円(2016年1月時点)なので、金額はおよそ30倍すれば日本円になります。SENはあまり使われていないそうです。

マレーシアのSIM

マレーシアのキャリアは、Celcom Axiata、Maxis、DiGi Telecommunications、U Mobileの4社があるそうです。

MAXISのプリペイドブランド「HOTLINK」のSIMは、5リンギ(約150円)で購入可能です。SIMの他にも、トップアップカードを必要な分だけ購入する仕組みらしいです。私達はマレーシアに5日間しか滞在しないので、1週間定額(100MB)7リンギ(約210円)のプランが良さそうです。

マレーシアの交通

私達が滞在するのはクアラルンプールなので、クアラルンプール市内の交通機関を調べてみました。

クアラルンプールの電車

クアラルンプールには電車が整備されていて、KTMコミューター、LRT、KLモノレール、KLIAエクスプレス、KLIAトランジットという路線が走っているそうです。KLセントラル駅という駅が要所になっています。

市内の電車は、1~2リンギット位(約30円~60円)ほどで乗れるそうです。

クアラルンプール国際空港から市内まではKLIAエクスプレスとKLIAトランジットが走っていますが、片道35リンギット(約1,050円)と少々お高めです。

路線図はこちらから。
http://www.ryoko.info/rosen/train/data/kualalumpur.html

クアラルンプールのバス

空港から市内(KLセントラル駅)へのバスは、10リンギット(約300円)で1時間ほどで行くことができます。空港内にあるバスカウンターでチケットを購入できますが30分に1本しかないそうです。

市内には無料の巡回バスGO KL BUSが走っているそうです。ありがたいですね。バスマップのPDFはこちらから。
http://www.spad.gov.my/sites/default/files/new_gokl_map.pdf

マレーシアのコワーキングスペース

MAKE SPACE

1日30リンギット (約900円)で利用できる、クアラルンプールのコワーキングスペース。メイカー系の機器もいろいろあるようです。

MAKE SPACE

Web/ http://www.makespace.my/

PAPER + TOAST

クアラルンプールにあるコワーキングスペース「PAPER + TOAST」はコーヒーが無料で楽しめるそうです。1日利用で30リンギット (約900円)。1階にはカフェもあるそうです。

Web/http://paperandtoast.com/

NOOK

コワーキングスペースNOOKは、9〜18時まで使えるドロップインプランが50リンギット(約1,500円)。他のコワーキングより値段はハリますが、設備が充実しているそうです。

noc

Web/http://nook.my/

Fluent Space

金額は分からないのですが、こちらもマレーシアにあるコワーキングスペースです。Facebookも更新されているので営業はしていると思います。

FluentSpace

Webサイト/ https://www.facebook.com/fluentspace/

その他、マレーシアのカフェには電源やWifiもあるお店も多いようです。タイのスターバックスはWifiがないor有料なんですが、マレーシアは無料でWifiが使えるそうです。ありがたいですねー。

まとめ

マレーシアはASEAN諸国の中でも、かなり暮らしやすそうです。タイやベトナムよりももしかしたら都会的なのかもしれません。さすが、日本人の移住先として人気No1の国です。行くのがますます楽しみになりました。