多国籍なマレーシアごはん


マレーシアは、マレー系・中華系・インド系などの人が住む多民族国家です。そのため、マレーシアで楽しめるグルメもインターナショナルです。ひとつの国でいろいろな国の料理が楽しめるのはマレーシアのいいところかもしれません。ただ、残念なのはその価格。クアラルンプールは都会なので、タイやインドに比べると食事にかかるコストも高いです。

‥ということで、マーレシアで食べたごはんを紹介します。

マレーシア版 チキンライス

タイではカオマンガイと呼ばれていましたが、マレーシアではチキンライスと呼ばれています。鶏肉で炊き込んだごはんと蒸鶏をいっしょにいただきます。チキンがとっても柔らかくておいしかったです。

IMG_1786

ケバブ

こちらは中東のお料理「ケバブ」。ごはんまたはサンドイッチが選べました。ソースがいろいろあってカスタマイズできるのですが、私はいつも全部いれてもらっています。

IMG_3450

インドカレー

インド料理屋さんでは、バナナの葉に乗せられたカレー定食をいただきました。ごはんの量がかなり多くて食べきれないほど。インドで食べたカレーの味とほぼ同じで、本格的な辛さでした。

IMG_3463

マレーシア版 フライドライスとフライドチキン

アジアのどの国にいっても確実にあるフライドライス。辛い料理が多いなか、これを頼めば大丈夫というほど安定感のあるメニューです。もちろん、マレーシアにもあっておいしくいただきました。

IMG_3466

ラクサ

マレーシアの名物料理「ラクサ」。タイ北部チェンマイの郷土料理、カオ・ソーイと似た味でした。カレーラーメンといった感じです。マレーシアのラクサは、あまり油っこくなくアッサリいただけます。

IMG_3467

まとめ

マレーシアには、町中のレストランだけでなく屋台もあるので、選び放題です。ただ、どの料理も他のアジアの国に比べて高いので、コスパのいい料理を探すまでは苦労しました。ショッピングモールのフードコートに行けば、結構安いメニューがあったのでおすすめです。