ミャンマー、ビザの種類とe-Visaの取得方法


2か国目に行くことになったミャンマー。

政治情勢が不安定な国で危険なのかと思いきや、ミャンマー政府としても観光に力を入れているようで、年間350万人も観光客が訪れています。

ミャンマーのビザ

そんなミャンマーに入国するためには、ビザが必要です。ヤンゴン国際空港、マンダレー国際空港、ネピドー国際空港から入国する場合、オンラインで申請できるe-Visaで入国することができます。

ツーリストビザ

・滞在可能期間は最長28日
・有効期限3ヶ月
・申請料金50USD(約6,017 円)
・入国時6ヶ月以上の有効期限とビザ捺印用 ページが2ページ以上残っていること

▽ e-Visaの申し込みはこちらから。
http://evisa.moip.gov.mm/NewApplication.aspx#

e-Visa申請方法

まず、e-Visa申請ページにアクセスします。

Visa Type(ビザタイプ): Tourist Visa 
Nationality(国籍)JAPAN
Port of Entry (入国空港): YANGON INTERNATIONAL AIRPORT

こんな感じで入力します。

viza1

Continueを押すと、注意事項がでてくるのでざっと目を通して「I Agree」を選択します。

viza2

次は個人情報を入力していきます。証明写真もデータで必要になります。面倒臭かったので、チェンマイでビザ延長したときに撮影した証明写真をスマホで撮影して、Adobe Lightroomで少々補正してアップしました。

viza3

viza4

viza5

入力を終えたら、申請料50USD(約6,017 円)の支払いページに移動します。VISAやMasterCardの他にも、JCBも使えます。

viza8

ざっとこんな感じで申請完了です。楽ちんですね。

参考にした「ミャンマーのビザがオンラインで申請できるようになったみたい」では、オンライン申請から5営業日以内でレターが届くと書いてありましたが、私の場合は1営業日で届きました。

こんな感じでメールで届きます。

mail_viza_ss

あとは、添付されているPDFをダウンロードして印刷しておけば準備完了です。

viza_ss

 

Myanmar eVisa 必要項目まとめ

入力項目もそんなに難しくなかったのですが、Myanmar eVisa に必要な項目をまとめました。情報を予め整理しておくと、落ち着いて入力できると思います。ご参考までに〜。