ミャンマー、バガン遺跡観光1日目


高速バスで8時間かけてバガンに到着。ホテルで少し仮眠をとったあと、さっそくバガン観光に出発です。

バガンは、ニャウンウー・オールドバガン・ニューバガンという3つのエリアに分かれていますが、宿泊したホテルはニューバガンにあり、遺跡群までは、電動バイク(E-バイク)をレンタルして向かいます。バイクは1日8000チャット。この日はまだ到着したばかりで疲れていることもあり、3時間レンタル(4,000チャット/400円)にしました。

IMG_2480

手持ちの現金も少なくなっていたので、近くのATMで引き出します。ATMがあって助かりました。

IMG_2481

電動バイクで5分ほど走るとさっそく遺跡が見えてきました。

IMG_2482

バガンには大小さまざまなパゴダ(仏塔)が立てられていますが、このパゴダは中規模くらいだと思います。

IMG_2483

もちろん中に入るときには裸足です。

IMG_2485

中に入ると、ミャンマー人の男性に声をかけられました。観光ガイドのぼったくりかなーと思いつつ、いろいろ説明してくれるので付いて行くことに。

IMG_2487

パゴダの上は結構な高さで、あたり一帯を見下ろすことができました。このあたりは、まだまだ少ないエリアということですが、オールドバガンまで行くともっと多くのパゴダを見れるそうです。

IMG_2486

バガンは、ミャンマーで初めての統一国家「バガン王朝」の中心地でした。統一国家ができるまではこの地におかしな戒律の密教がたくさんあって国が乱れていたそうです。バガン王朝のアノーヤター王は、その乱れを治めるために上座部仏教を国の宗教として定めて、民衆にも熱心に広めたそう。

そのこともあって、民衆は熱心な上座部仏教徒になり、その中でも富裕層の人たちは私財をはたいてパゴダを建築していったそう。もちろん、パゴダの建築には多額のお金や労働力が必要です。富む人がパゴダ建設に財を投じることで、経済循環にもつながっていたとも言われているそうです。

IMG_2488

パゴダの中には仏像が納められていて、お花などのお供え物もおいてありました。昔はいろいろな装飾品で飾られていたそうですが、いまはほとんど残っていません。現地の人にとってパゴダは一種の呪いがかけられている場所らしく、現地の人が盗難することは考えられないそうです。なので、おそらく海外から来た人たちが盗んでいったと推察できるそう。

IMG_2490

大きなパゴダの回りには、高さ3メートルほどの小さなパゴダもあります。

IMG_2491

IMG_2492

ヤンゴンで見た涅槃仏もそうでしたが、ミャンマーの仏像は肌が真っ白。小さなパゴダの中にも必ず仏像が置かれていました。内部の装飾も細かに施されていて感動。ミャンマーが政治的に閉ざされていたため、歴史調査はこれから本格的に行われるようです。

IMG_2495

ひとしきり、ミャンマー人の男性に案内してもらったあとはやっぱりお土産品の売りつけがありました。彼は画家らしく砂で描いたという絵を見せられました。お土産を買う気はさらさらなかったので、お礼にチップだけ渡してこのパゴダを退散しました。

ジュエサンド―・パゴダを目指して

朝日や夕陽がキレイだと言われるジュエサンド―・パゴダを目指して、さらに北上します。途中、ヤギのお散歩とすれ違いました。道の真ん中でうおさおする私を上手に避けて歩いていました。

IMG_2508

ジュエサンド―・パゴダに到着です。観光客もたくさん訪れていました。

IMG_2516

敷地内にはお土産屋さんがズラリ。ゴリゴリの勧誘をしてきます。

IMG_2512

ジュエサンドー・パゴダは、最初のパゴダとはうってかわって白色のレンガで作られていました。

IMG_2513

階段が取り付けられていて上まで登ることができます。朝日がよく見れるそうなので、明日の朝はここで日の出を見ることにしました。

IMG_2515

敷地の外にでると、またもやお土産の勧誘です。子供や赤ちゃん連れのお母さんの姿もあってちょっと切なくなりました。ポストカードを1セット購入してこの場をさります。

IMG_2518

私達は電動バイクでここまで来たのですが、車や馬車で来ている観光客の姿もありました。子供連れで来ている欧米人も結構いて、そういう人たちは車をチャーターしたほうが良さそうです。

IMG_2520

この日は、3時間と軽めの散策でしたが、いたるところにパゴダを見ることができて感動しました。バガン観光は、明日が本番です。朝日は6時ごろに登るというので、この日は早めに就寝して明日に備えたいと思います。

 

【おすすめバガン情報】
バガンの風景
NHKスペシャル「バガン遺跡の謎」。貧富の差のない社会。
ユネスコを驚嘆させたバガンの巨大寺院群