世界三大仏教遺跡!ミャンマーのバガン遺跡で朝日を楽しむ


ミャンマーの巨大遺跡群「バガン」滞在の2日目。朝5:00に起床して、絶景と言われるバガンの朝日を見に「ジュエサンド―・パゴダ」までやって来ました。

私達が到着したころには既に観光客でいっぱいでした。シャッター音が絶え間なく聞こえます。

IMG_2543

20分ほど待っていると辺りは明るくなるものの、一向に太陽は見えてきません。

IMG_2547

朝靄がうっすら漂うバガンの朝は、これだけでなんだか神秘的です。

IMG_2549

しかし待てども待てども、朝日は登ってきません。周囲の観光客はどんどん増えてきて、チャイニーズのおばちゃんが視界を遮ってきたり、あとから来た人が前方に割り込んできて三脚を構えたりしていて、少しずつイライラが募ってきます。

もう我慢ならなくなり、ここで朝日を見るのは諦めました。広場に行ってドローンを飛ばしながら朝日を迎えることにしました。

IMG_2548

急勾配なジュエサンド―・パゴダ。登るときはまだ良いのですが、降りるときは本当に怖かったです。手すりはありますが、朝露で濡れていて滑るし、錆びた鉄が手にベタっと付いて気持ち悪かったです。

IMG_2552

ドローンを飛ばす広場へ向かって電動バイクを走らせていると、朝日が登っていました。太陽が濃い橙色に輝いていて、とてもキレイです。

IMG_2554

朝日が登る頃には、気球もたくさん飛んでいました。バガン観光は、気球でも楽しめるのですが、この気球に乗るためには1人2万〜3万円ほど。せっかくだから乗りたかったのですが、高額すぎて諦めました。

IMG_2567

広場でドローンを飛ばしてみた

良さ気な広場を見つけて、さっそくドローンを飛ばします。

IMG_2559

IMG_2572

昨日、リハーサルをしていたため、セッティングもスムーズにできました。

IMG_2565

残念ながらドローンの動画の方はうまく撮影できず、こんな感じ。もっと高さがあればキレイに撮影できたかもしれません。

静止画はこんな感じでキレイに撮影できました!パゴダや気球のシルエットが美しいです。

0901

バガンにはおもしろい植物もいっぱい

朝日を堪能したあとホテルへ戻る道中、バガンにはおもしろい植物が生えていることにも気づきました。よく生えているのが、背が高いヤシっぽい植物。葉がヤシの木よりもギザギザしています。

IMG_2578

この木は、葉っぱの部分が不思議なんです。

IMG_2585

近づいてみると、多肉な葉にキノコみたいな実(花?)がいっぱいついていました。もっとよく見ると、クモの巣のような細い糸が絡まっていて納豆みたいになっています。

IMG_2595

まとめ

バガンの朝日を楽しむには、観光客を避けるべし。それが今回の学びです。観光客がたくさんいる場所だと、なんというか雰囲気が台無しになってしまうんですよね。。(と言っても私も観光客なのですが‥) 高い場所に登らなくてもバガンの朝日はキレイに見えたので、前日に穴場のフォトスポットを探しておくのがいいかもしれません。

バガンは、クリスマスや新年が観光のピークになるそう。この時期はもっと混雑するでしょうから、なるべく避けたほうがよさそうです。