海外に行く人は要チェック!オフライン環境で生き抜くスマホ活用術


私は、ほぼ初めての海外旅行。

いろいろ調べたり買い揃えたりしたものの、土壇場でアレがない、コレがないと騒いでしまうものです。

日本を出発してまず困ったのがオフラインであること。めちゃめちゃ当たり前なのですが、どーにかなるだろうと鷹をくくっておりました。福岡空港の国際線ターミナルに到着したとき、オフライン環境で生き抜く準備ができていないと気づいたのです。

渡航書類はスクリーンショットを撮っておくべし

このご時世、紙の航空券を持って空港に行く機会も減りました。ほとんどの航空会社の場合、Webでチケットを購入するとメールでいろいろ書類が送られてきます。渡航する当日は、空港内のチェックイン端末で発券コードを入力して、航空券を印刷します。

私達は、バンコクのスワンナプーム国際空港でトランジットする予定だったのですが、乗り換え先のバンコクエアウェイズの渡航書類のスクリーンショットをスマホでもっていませんでした。

渡航関係の書類は、ファイル共有サービスの「GoogleDrive」に全て入れていたので、空港内のWifiにつなげてGoogleDriveアプリをダウンロード。発券コードが書かれた書類のスクリーンショットを無事撮影できました。

capture

特に海外は空港を出たらオフラインになってしまうので、渡航書類はスマホでいつでも見れるようにスクリーンショットを撮影しておいたほうが良さそうです。

オフライン地図アプリMAPS.MEを使う

バンコクでは、トランジットで1泊する必要がありAirbnbの宿を予約していました。

しかし、、、Airbnbのサイトってなぜか宿泊先の住所がとーっても分かりずらいんです。住所み記載されていたのですが、GoogleMapにコピペしてもピンが立ってくれません。。唯一の手がかりが、ホストの方が掲載していた宿までの地図イラスト。

airbnb

英語でも記載されているのですが、これだけではさすがに不安だったので、オフラインでも使えるMAPS.MEをいうアプリを、スワンナプーム国際空港でダウンロードしました。地図と照らし合せながらタクシーの運転手にも伝えて、無事たどり着くことができました。

maps.me

>> MAPS.ME on AppStore
>> MAPS.ME on GooglePlay

MAPS.MEは、使いたい地図データを事前にダウンロードする必要があるので注意しましょう。Google Map同様、スポットをブックマークしたり経路検索したりできます。

map_me_review

ただ、Google MapにはあるのにMAPS.MEにはないスポットもあるので、もしかすると多少情報鮮度が悪いかもしれません。

渡航情報はGoogleカレンダーにも入れておくと安心

タイの入国カードは、飛行機内で配布されます。もちろん、空港に到着してから記載しても良いのですが、スワンナプーム国際空港の入国ゲートは絶句するほどの長い行列(500名くらい並んでいる)が続いているので、事前に記入しておいたほうが時間の節約になります。

入国カードには、現地での宿泊先の住所を書く項目があって、そこで筆が止まってしまいました。。。

「ゲストハウスの住所がわからない…」

ゲストハウスの予約はメールでしていたのですが、Gmailは機内で見ることができません。。そこで役だったのがGoogleカレンダーでした。

私達は、旅のスケジュールをGoogleカレンダーに入れるようにしていて、ゲストハウスの住所も、カレンダーの予定にしっかり記載していたんです。

calender

Goolgeカレンダーのアプリは、オフラインでもバッチリ使えるので、無事ゲストハウスの住所を記載することができました。メールをキャプチャしておくのも一つの手ですが、いろいろな場所に情報をログしておくことは大切ですね。思わぬところで役にたちました。

実はオフラインでも使える!Google Drive

オフラインでは使えないと思っていたGoogleDriveですが、事前に「端末に保存」をしておけば、オフライン環境でも見ることができます。オフラインになる前に、端末に保存をしておきましょう。またファイルサイズにも注意してGoogledriveに保存しておけばサクサク表示されます。

googledrive

オフラインでも渡航情報をチェックできるようにしておこう

海外でトランジットがある場合は特に、オフラインで生き抜く術を身につけたほうが良さそうです。現地に到着してSimを購入するまではネットから切り離されてしまうので、意外と困ってしまいます。

渡航前や空港内など、回線のあるうちにいろいろな情報を整理してオフライン化しておきましょう。オフライン生活に慣れておくと、慌てることなく旅を楽しめますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です