ベトナムのケンタッキーが最高においしい件

Pocket

東南アジアの国をいくつか回ってきましたが、世界的チェーン店のなかでも、ベトナムで食べるとなぜかひと味もふた味も違うと感じるのが【ケンタッキーフライドチキン】。よくよく考えてみると、KFCのチキンはカーネル・サンダースおじさんが作った味だから、世界共通なのでは?と思うのですが、ベトナムで食べるチキンは違うんです。かなりおいしい!!

このおいしさを伝えたくて記事で紹介します。

外観は、まあどこにでもあるようなケンタッキーですね。
1_appearance

内装もこんな感じ。ベトナムのケンタッキーは、子供の数がとにかく多くて、いろんなおもちゃでわちゃわちゃみんな遊んでいます。慣れない人はちょっとうるさく感じるかもしれないですが、ほのぼのと子どもたちの成長を見守ってあげてください。

2_interior

いつもと同じように列にならんで注文します。ただ、列がはっきりしていないので、ぼーっとしているとどんどん先を越されてしまいます。ここは臨戦態勢で望みましょう(笑)

3_line

メニューは日本のものとはちょっと違っています。バーガー系は主に2種類で、ジンジャー、エビが選べます。おすすめなのは、COMBO XL MEAL99,000₫。バーガーにチキンひとつ、コールスロー、コーラ、ポテトがついて、約500円です。日本だと800円とか900円しそうなセットです。

注文すると、いろいろ聞かれるんですが、チキンはスパイシー、バーガーはジンジャー、ドリンクサイズアップなしって店員さんとやりとりしています。

4_menu1

あとベトナム独特のメニューだと、丼ものメニューもあります。Tori donというメニューを食べたことがあるのですが、牛丼のチキン版みたいな感じでした。牛丼ほど醤油味は濃くなく、こちらもおいしかったです。

5_menu2

この日は、クリスマスが終わって数日たっていたのにもかかわらず、クリスマスメニューがまだ注文できたので、この129,000ドンのセットにすることに。2人分のボリュームで、約650円なのでとってもお得です。

6_menu3

実物はこんな感じ。日本のケンタッキーは、”オリジナルチキン”って呼ばれているもので、衣が薄付きでしっとり系ですが、ベトナムのチキンはかりかり系です。スパイシーを注文しても、かなり控えめな辛さです。どちらかというと、韓国で食べるフライド・チキンに近いような気がします。

7_set

そして、鶏肉もジューシーでおいしいんです! サクサクの衣に、熱々のお肉、そして鶏のジューシーさ、どこをとってもおいしくて、ベトナムに住んでいるとかなりの割合でKFCに通っています。
※ただしできたてに限ります。 混雑しない時間に店にいくと、作りおきのものを回されちゃうので、ピーク時に行くのがいいかも。

8_chicken

分かる人にはわかる、わからない人にはわからないという主観たっぷりのおすすすめ記事となってしまいました..。でも私はベトナムのケンタッキーは最高だと信じています。ぜひお試しあれ!