日本ではまだ知られていない!世界の注目スタートアップを調べてみた【韓国編】


韓国というと、1億5000万人以上のユーザーをもつメッセンジャーアプリの「カカオトーク」や韓国国内トップシェアの検索エンジン「NAVER」などのIT企業が目に浮かびますが、スタートアップがあるのでしょうか? 韓国のスタートアップの動きを調べてみました。

ソーシャルECプラットフォーム「Coupang」

Coupangは、韓国のソーシャルコマースプラットフォーム。クーポンの共同購入モデルで韓国国内で定着います。韓国はEコマースの成長潜在力が高いと言われている中で、着実に成長を遂げているサービスで、モバイルアプリは1,900万ダウンロードを達成したそうです。AppleやGoogle、Paypalに投資したシリコンバレーのベンチャーキャピタル「Sequoia Capital」から1億ドルの資金調達もしています。

coupang

Coupang ▶ http://www.coupang.com/

サービス規模

・アプリは1,900万ダウンロード。

サービスの優位性

・韓国市場にフォーカス
・即日配達を可能にする流通網の整備中。
・モバイルアプリの開発力がある。

資金調達

・Sequoia Capital から約100億円を調達。(2014年5月)
・ BlackRock Private Equity Partners等から約350億円。(2014年12月)

◎ Coupangの関連記事
 韓国のEコマース・プラットフォーム「Coupang(쿠팡)」が、Sequoia Capitalから1億ドルを調達
韓国のソーシャルコマース大手「Coupang(쿠팡)」が約350億円を調達、モバイルアプリと即日配達を実現へ

コスメEC「MEME BOX」

MEME BOXは、韓国コスメの定期販売(サブスクリプション)サービス。販売する商品は、メーカーから集めた試供品を利用しているため、仕入れコストがかかりません。メーカーにとってMEME BOXは、潜在顧客にリーチできるマーケティング手段になっています。毎月デザイン性の高いボックスに入れて商品を届けるため、ユーザーにMEME BOX独自のブランドを認知させています。メーカーやブランドとの提携も積極的に実施。韓国チームとしては、初めて米国のベンチャーキャピタル「Y Combinator」に参加しました。

meme

MEME BOX ▶ https://us.memebox.com/

サービス規模

・44カ国に配送。
・ユーザー数100万人以上(韓国とアメリカが中心)

サービスの優位性

・メーカーのマーケティング戦略の役割を担うサービスに。
・大手デパートや通信会社、Chanelといったブランドとの提携で営業推進。
・アジアコスメに特化。アメリカで独自のポジショニングができた。
・Y Combinatorに参加。

資金調達

・2015年3月に約35.5億を調達

◎ MEME BOXの関連記事
 販売開始から40分で2万個の商品を売る、韓国製コスメECサイトMemebox創業者Hyungseok Dino Haへのインタビュー
〈韓国の定期購入サービス・スタートアップ対談〉Memebox vs. Dum & Dummerce vs. Hello Nature vs. hey! Bread
韓国の化粧品コマース・スタートアップMemeboxが、アメリカの有名投資家などから約35.5億円を調達

地図API開発「Dabeeo」

Dabeeoは、地図APIのスタートアップ。フリーの地理情報データOpenStreetMapを利用した地図プラットフォームを開発しています。地図というとGoogleMapやAppleのMapを思い浮かべますが、その難点はネット環境に依存してしまうこと。特に旅行中などはネット環境がないため利用できません。その点、Dabeeoはオフラインで保存される形式なのでオフラインでも不自由なく使うことができます。行政や企業向けに提供しています。

Dabeeoは、ユーザー向けの旅行プラン作成サービス「TourPlanb」も運営。ユーザーのクチコミや世界中の観光スポットをみることができる。「TourPlanb」は、グローバルに提携を進めており「San Francisco Travel」や「thinkisrael.com」といった海外の観光系企業がパートナーとなっています。

dabeeo

Dabeeo ▶ http://dabeeo.com/

サービスの優位性

・地図APIの開発技術力
・toC向けのサービスで、グローバルに提携企業をもつ。
・政府と連携しやすい事業ドメイン

資金調達

・以下から、約1.1億円を調達(2015年4月)
BonAngels Venture Partners
韓国中小企業庁のR&D事業「TIPS」

◎ Dabeeoの関連記事
 韓国のモバイル地図API開発スタートアップDabeeoが、約1.1億円を調達しアジア向け多国語版を提供へ

まとめ

韓国は、インターネット速度が早いこともありモバイル向けのサービスが成熟している印象があります。また、韓国国内にフォーカスしたサービスであっても、アメリカの大手VCから数億円の調達をしていたり、各国の企業と提携していたりと、日本に比べグローバルな動きをしていました。現在展開する市場は韓国でも、その分野で圧倒的な地位や戦略を確立すれば、グローバルのシェアも取れる算段があるからだと思います。特に、モバイル向けサービスとEコマースの分野では、韓国の動きに注目したいと思います。