タクシー半日ヤンゴンを観光!シュエダゴン・パゴダ&スーレー・パゴダを巡る旅


この日はヤンゴンの街をふらふらと観光することにしました。ゲストハウスのお兄さんに相談したところ、歩いて行ける距離に「スーレー・パゴダ」という仏塔があるそうです。ヤンゴンで一番有名なのは「シュエダゴン・パゴダ」ですが、「スーレー・パゴダ」は地元の人がよくお祈りにいく場所なのだそう。ということでさっそくスーレー・パゴダに向かいます。

IMG_2388

スーレーパゴダまでは徒歩で15分くらいで到着しました。金色の仏塔が美しいです。

中に入ると、お供え物のお花を売っていました。半ば強制的に購入します。パゴダの中は土足厳禁。靴下も脱いで中へ進みます。

IMG_2392

観光客もちらほらいましたが、地元の参拝者がたくさんいました。ミャンマーはおよそ90%が上座部仏教だそうで、みなさん熱心にお祈りをしていました。

IMG_2399

中央のパゴダを囲むようにして、月曜日・火曜日・水曜日・・と生まれた日の曜日ごとにお祈りをする角(コーナー)が決められています。誕生日の曜日をググってみると、火曜日だったので「Tuesday」と書かれた角でお参りしてきました。

IMG_2396

パゴダはいま修繕中のようで、鉄柵が取り付けられていました。敷地内ではお弁当を食べている人の姿もあり、パゴダが身近な人々にとって身近な存在なのだなーと感じました。

IMG_2401

ミャンマーもスターウォーズが大人気

スーレーパゴダからしばらく歩くと、映画館がありました。日曜日だったこともあってか、入りきれないほどの人混み。ミャンマーでもスターウォーズが絶賛上映中でした。

IMG_2410

映画館の回りをふらふら歩いていると、タクシーのおじちゃんに呼び止められました。40ドルで半日ヤンゴンツアーに連れていってくれるそうです。かなりオシも強かったので、35ドルまで値切って交渉成立です。

シュエダゴン・パゴダ

タクシーツアーは、ミャンマー仏教の総本山であるシュエダゴン・パゴダからスタート。シュエダゴン・パゴダはヤンゴンでも最も大きなパゴダで、約約2500年前に建てられたそうです。スーレー・パゴダは半ズボンでも入ることができたのですが、こちらでは半ズボンNG。男性用の巻きスカート「パソー」を購入して着用します

IMG_2413

パゴダまでは、エレベーターで上がります。

IMG_2415

エレベーターを出るとまず待ち構えていたのが、ブッダツリー。大きな幹に青々と茂る葉がとても印象的でした。

IMG_2420

黄金に輝くパゴダは想像以上の大きさでした。スーレーパゴダと比べても大きいです。

IMG_2434

スーレーパゴダと同じように、誕生日の曜日によってお祈りをする場所が決められています。

IMG_2428

パゴダの回りにも、綺羅びやかな装飾品や仏像がたくさんあります。

IMG_2429

パゴダの回りをぐるっと回るだけでも約15分ほど。周囲にもたくさんの仏像があるので、じっくり見ていると時間が足りません。30分ほどで切り上げて、シュエダゴンパゴダをあとにしました。

IMG_2439

チャウッターヂー・パヤー

まだまだ続く、タクシーツアー。お次はミャンマーの涅槃仏「チャウッターヂー・パヤー」に到着です。中に入ると早速仏像が目の前に。青いアイシャドウにくっきりアイライン、真っ赤なリップと、かなり濃い目のお化粧をしています。

IMG_1445

全長は約70m!有名なタイの涅槃仏ワットポーよりも大きいそうです。足の裏には文字が刻まれていました。

IMG_2449

ミャンマー国立博物館

タクシーツアー最後のスポットは、国立博物館。すでにいろいろ回ってお腹いっぱいの状態だったので、こちらはサラッと回ります。

中は撮影禁止で写真を撮ることはできませんでしたが、5階建ての博物館で、ミャンマーの歴史物や芸術品、民族衣装などが展示されていました。一番上の階にあった民族衣装の展示は特に面白かったです。

IMG_2455

約3時間ほどのタクシーツアーはこれにて終了です。35ドル(約4,245円)とちょっとお高め且つボッタクられた感はありますが、親切なドライバーさんだったので良しとします。ヤンゴン市内の観光スポットは、それぞれ割と離れているので、タクシーを貸しきったほうが手っ取り早いと思います。