ハノイ:自家焙煎のこだわりコーヒーカフェChapel Coffeeでノマド 【電源・Wi-Fiあり】

Pocket

人気カフェ「Coffee House」の1軒隣にオープンした「Chapel Coffee」。住んでいたアパーから、徒歩3分で行ける上に、採光抜群な席があることから、ノマドカフェとして何度も利用してきました。

オープン当初は、人気カフェ隣接する強気な立地と、安くはない強気な価格設定に長続きするか心配していたのですが、オープンしてからしばらく時間がたちお客さんも増えてきました。ただのご近居さんながら、余計な心配をしていて申し訳ないです。(何様なんだよということで)

警備員のおじさんがドアを明けてくれたり、雨の日にはタクシーまで傘をさしてくれたりしてとてもジェントルマンです。

1_appearance

入り口で注文するスタイル。店内の奥の方に大きな焙煎機があって、こだわりの豆を使ったコーヒーが楽しめますが、少々難点もあるので後述します。コーヒーは、本日の豆もしくはベトナム豆の2種類から選ぶことができます。

系列のベーカリーもあるようで、そのパンやケーキがショウウィンドウに並んでいます。その他にも、レパートリーは少ないですが、パスタやサラダも食べられるのでランチにも良いです。

2_counter

2階 こんな感じ。大きく3つのスペースがあり、テーブルが並べられています。

3_interior-min

よく修理中になるトイレがあるフロア。ここにはいつもほとんど人がいないので、静かな場所がお好きな方におすすめです。

4_interior3F-min

そして、こちらのテラス席。テラスといっても全面ガラス張りになっているので、暑さにも寒さにも強い仕様となっています。そして、一般的な屋外の席に比べて汚れた空気をあびなくてもすみます。しかもエアコンも完備。曇りがちなハノイの空でも、太陽の光を浴びながら作業ができるのはとても貴重です。

Processed with VSCO with au5 preset

しばらくすると、店員さんがコーヒーを運んできます。私は決まって「Long Black」を注文しています。49,000ドン(およそ250円)なので、少しお値段は張ってしまいますが、マグが大きくたっぷり入っています。

そして、こだわりの自家焙煎豆についてレビューをば。実は、シグネチャーであろうこだわりの豆よりは、ベトナム産のコーヒー豆のほうがおいしいです。シグネチャー豆のほうは、どうも酸味が強くて好みじゃないんです..。なんというか酸化がすすんだような味がするんです。そして、ベトナム豆に比べて少し値段も高いんです。

6_coffee2-min

ベトナム豆のコーヒーの方は、特別おいしい!ってほどでもないんですが、普通のドリップコーヒーな感じです。ベトナムの濃ゆいあのベトナムコーヒーではなく、どちらかというとアメリカーノのようなフレーバーです。

Processed with VSCO with au5 preset

こちらは別日にオーダーしたSalted Latte。79,000ドン(約395円)とお値段は張りますが、さっぱりとした甘みでおいしかったです。

DC5997AB-154E-4AAD-B3AD-92A80A6113CE-min

最近は、人気になってきたようでお客さんが増えてきています。土日になると、自撮りの撮影に来る若い子たちが多いような気がします。あと、オープン当初に比べたら、Wi-Fiが安定しなくなってきているのも残念なポイント。繋がらない日は、早めに退散してお隣のCoffee Houseに避難しています(笑)

それでも通ってしまうのは、あのテラス席のせいかもしれません。ハノイは本当に天気が悪くて、陽の光が貴重なので、Chapelのテラス席はとても貴重なノマドスポットなんです。

Chapel Coffee

Số 7, Trung Hoà, Cầu Giấy, ハノイ ベトナム
https://goo.gl/maps/RkZUUERA2up