ハノイ・おいしい雷魚鍋チャーカー屋さんの有名店「Vua Cha Ca」に行ってきた

Pocket

ハノイに1年近く住んでいるものの、まだ食べていないハノイ名物がありました。それが、チャーカー(Cha Ca)です。チャーカーは、雷魚を使った鍋料理ですが、スープなしで炒めて食べるスタイルのお料理です。今回は、ハノイの中でもチャーカーで有名なレストラン「Vua Cha Ca」に行ってきました。場所は、ハノイの西南のエリアTrung Hoà(Cầu Giấy)にあります。

1_appearance

店に入ったら、1階にあるカウンターを過ぎて、2階へいきます。店内は、こんな感じ。割と混み合っていて、訪問する際は、電話で予約したほうがいいかもしれません。受付の人は簡単な英語であれば使えるようでした。

2_interior

メニューはこちら。今回は5名だったので、COMBO2のセット(4〜6人前)の中でもDAC BIET(SPECIAL)セット 889,000ドンを注文しました。SPECIALの方はちょっといい魚が使われているそうです。

3_menu

しばらく待っていると、チャーカーが運ばれていました。お魚は、すでにターメリック系のスパイスで味付けされていました。ここに火をかけ、たっぷりのディルと細ねぎを入れて炒め合わせます。

4_Chaca

料理は、店員さんがやってくれるのでお任せします。ただ、たまにほっとかれるので、たまに混ぜたり油を入れたりしないと焦げ付くので注意です。5〜6人前のセットには、このフライパンが2つ分運ばれてきます。

5_Chaca_cook

テーブルの上には、お米の麺であるブンやピーナッツ、白髪ねぎなどが並んでいます。

6_set

これが噂のマントム。チャーカーを食べるときのタレで、日本人には苦手な人も多いです。匂いは釣りのときに使うオキアミのような感じ。最初は癖があって苦手でしたが、食べ進めるとだんだん慣れておいしく感じてきました。マントムのほかにも、ヌックマム(魚醤)もあるので、苦手な方はヌックマムを使ってください!

7_,mantom

食べるときのルールがあるらしく(お店のペーパーランチョンシートに記載されているらしい)、
1. まずは、お魚だけ味わいましょう。
2. 少しのブン、お魚、ネギ、ディル、ピーナッツをボウルに入れ、マントムまたはナンプラーを少しだけかけて味わいます。
という感じで食べるらしいです。

8_bowl

チャーカーが食べ終わると、鍋が運ばれてきます。ベトナムあるあるですが、BBQの締めのような感じで鍋を食べるんですよね。しかもベトナム人はそれをぺろりと食べちゃう。結構食べるのに、スタイルいい人が多い、というベトナムの謎です。私は、鍋まで食べるお腹の余裕はなく、スープだけ食べていました。

スープは、酸味のあるすっきりとしたスープ。タイ鍋ほど辛みはないので、魚介のだしをしっかり楽しめます。

9_lau

初めてのチャーカーはとてもおいしかったです。苦手だったマントムも克服することができました。私はネギとかにんにくとかの香味野菜が好きなので、たっぷりのネギといっしょに食べられるのも魅力的でした。ただ、油で炒めていることもあり、食べ過ぎると少しだけ胃もたれするので要注意です(笑)。締めの鍋のことも考えつつ、自分のペースで楽しんでください!

Nhà hàng Vua Chả Cá

Address / 48 Phố Nguyễn Thị Định, Trung Hoà, Cầu Giấy, Trung Hoà Cầu Giấy Hà Nội
Google map / https://goo.gl/maps/q74Die1m8MB2
Web site / http://vuachaca.vn/